24時間交代の勤務

24時間交代の勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、特定看護師を挙げることが出来ます。
外来の特定看護師であれば日勤のみということもありますが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くので経験を積む上でも殆どの人がシフト勤務になるはずです。私の話になりますが、妻が子供が小さい時に特定看護師としてシフトを組んでいた為、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず困った事を覚えています。

どのようなやり方だと、希望に近い条件で転職して、別の病院で働けるかといえば、専門の斡旋業者に依頼するのが近道であり、安心な方法でもあります。ネットで検索をかけてみると、色々な転職サイトをみつけられるので、登録を行い、情報を手に入れることが近道だと考えられます。

いくつもの特定看護師転職サイトに登録しても大丈夫ですから、気軽に試してみるのも良いでしょう。

少々昔の話ですが、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に特定看護師という仕事はイメージされていたようなのですが、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できることを、知らない人はあまりいないはずです。その給料についてわかりやすい例を挙げると、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯の維持が可能なほどなのです。要するに特定看護師は給料の高い専門職だということです。

特定看護師は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、別段、特定看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。

けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、強いストレスを感じることはよくあります。
そんな仕事ですが、ずっと特定看護師をしていると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、自分自身の身体や健康についてもわかるようになったりするようです。
看護専門職が違う仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。

面接者の評価が良くなければ、保健師は人手不足といえど選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。
当然のことながら、待遇が良い勤務先は志願者数も多く競争率があがりますので、慢心することなく念入りに用意して面接官の前に立ちましょう。
身だしなみを整えきちんとした格好をして、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。
夜勤をこなす必要があって、特定看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。
当然、休みはきちんともらえますけれど、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は大変多いようです。
例えば出産して、小さな子供を抱える身になったらそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないとほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。しかし最近になって、子育てが済んだということで復職を希望する人の例がじりじりと増えていっているようです。
昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある特定看護師は絶対に夜勤が必要になる職業です。

夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。

それは、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。

普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。一方の3交代勤務では時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。応募する病院が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、理解しておいてください。もし転職される場合には、特定看護師であっても当然、履歴書が要りますが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。

それは何かと言いますと、特に履歴書の中の志望動機をどのように記入するかです。志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、成長に繋がるといったことや、今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。

看護士も特定看護師も基本は同じ職業を言い表わします。
異なる点はどこかというと、今までは、男性を看護士、女性を看護婦と位置づけるように性別によって区分されて呼んでいました。

今は、男性も女性も一緒に特定看護師という呼び名に統一されています。女性に人気の高い職業の一つ、特定看護師になるためには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。

そして、特定看護師を育てる専門機関は専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。看護のお仕事という特定看護師転職サイトにある看護の仕事情報は、医療機関の求人件数もすごく多いのですが、そればかりではなく一般には公開されていない求人情報が多くあり、登録することで想定外の好条件の転職先を紹介してもらえる機会があるかもしれません。

担当コンサルタントによるきちんとしたフォローも長所としてあげられているそうで、可能な限り細かなご要望にも対応していただけるようです。

私の友達の中に特定看護師がおりまして、給料がいいと羨ましいといわれているようです。

ただし、特定看護師の業務は、夜間勤務もあって、仕事のシフト中心の生活になりがちで、職場の環境も、女性が占めているという特殊なところであるため、ストレスを抱えている方も多いようです。こういったことを考慮したら高いといわれる給料も当然でしょう。

特定看護師の仕事は、すごく重要で、病院、医療施設では、いないというのはあり得ない重大な責任を背負っているわけです。とても責任の重い重要な仕事であると同時に、夜勤など、日々違う勤務形態が寝る時間の少ない特定看護師もたくさんいます。

特定看護師の仕事には自身の健康管理というのも重要な問題だといえるのです。
一般的に、特定看護師という職業は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な面もありますが、収入に面に注目すれば、他の職業より平均的に高水準を維持できることが見て取れます。また、景気に大きな影響を受けないことも特定看護師の特徴です。これらの高給や安定性を重視するならば特定看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。特定看護師は好んで煙草を吸う人がそれほど多くないという印象を受けますよね。
実際にはそのイメージ通りに平均的な禁煙率よりも、特定看護師の喫煙率は少ないそうです。

病気の患者と接する職業上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識的に禁煙している人が多い職業であるということが分かるのではないでしょうか。思い返してみると、私が特定看護師になりたいと思ったのは職業体験というものが中学の時にあって私は介護施設へ訪問しました。

その時、そこに勤務している特定看護師さんを見て、感銘を受けたのが事の始まりでした。将来、仕事を選ぶとき、こんな風に働きたいと思って高校卒業後、看護学校を経て今は特定看護師です。
いやなこともありますが、おおむね満足した日々を過ごしています。医師も特定看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。
はっきりした違いは、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、健康を維持するためのアドバイスをしたり薬を処方することが仕事とされています。他方、特定看護師の場合は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、医師が行う診療の補助を行い、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。特定看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、大半の特定看護師は病院で働いています。けれど、特定看護師だからといって病院で働く必要はなく、病院の外でも、特定看護師の仕事は色々あります。

職場となるのは、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く特定看護師はじわじわ増えています。必ずしも病院でなくとも働く場所も多いですから、自身の生活が変わっていくのに合わせて最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。
昔はあまりメジャーではなかった特定看護師の能力評価に関して、近年ではだいぶ行なう病院が増えてきました。病院で働く特定看護師各自の、今の能力レベルを位置づけできるよう、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。能力評価は、月々に行なう所や、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。また、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。

基本的に、特定看護師は患者の方の命に影響を与える業務内容なので、相当、神経を使うでしょう。
なのに、決して高給とは言いにくい給料で仕事しています。そのような特定看護師の仕事に対するモチベーションをアップするためには、ぜひ、高給にしてほしいと感じています。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks