公務員としての仕事

日本の特定看護師の一年間の収入は平均してみると437万円ほどです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院で勤務する特定看護師は、公務員としての仕事のため、平均年収は593万円ほどになります。
公務員特定看護師は給料の上がる率も民間病院と比較して高く、福利厚生もきちんとしています。

準特定看護師を例にとると、特定看護師と比べて平均年収が70万円くらい低いです。病院で病棟勤務に就いている特定看護師なら2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤をこなしていくことになります。
夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると人手がだいぶ減ってしまい、また、夜中になって保健師コールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おそらく日勤を超えるでしょう。シフト勤務で働く特定看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で決まって体調を崩すようであれば、日勤のみが可能な職場もあります。注意点ですが、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて収入が少なくなることが多いようです。
今の収入を減らしてでも、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。
私の友達にも、特定看護師をしている人がいて、高い給料をもらえていると羨ましがられていることがあります。
しかし、特定看護師の仕事は、夜勤の業務もすることがありますし、生活サイクルが一定にできませんし、職場の環境も、女性が占めているという特殊なところであるため、ストレスや悩みは日常茶飯事といわれています。

そのようなことを考慮すれば高い給料は当然のことだと思われます。

特に、特定看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。
どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、子育てと両立させながらなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、きっと特定看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。

ついでに言うと、特定看護師も他業種と同じように8時間勤務です。一昔も二昔も前の話になりますが、特定看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であるとイメージされていたようなのですが、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、特定看護師はそれに相当する給金の獲得が可能であるといった事実について、急激に周知されてきているようです。何しろ特定看護師の給料といえば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。

つまり特定看護師というのは高給を得られる仕事であるのは確実です。特定看護師転職情報のホームページにある看護のお仕事は、医療機関の求人件数もすごく多いのですが、それだけでなく一般には公開されていない求人の情報がいっぱいあり、登録することで思いもしなかった好条件の転職先を紹介していただくことができるかもしれません。

担当コンサルタントによる手厚い対応もメリットとしてあげられているようで、できる限り細かな要求にも応えていただけるようです。特定看護師というものは勤務する時間がイレギュラーであることにプラスしてハードな仕事内容であるということを理由に他の仕事に移る人も結構いるということですが、案外、特定看護師資格はいろいろな職種において有益であるケースが多いのです。考えられるのは体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。
特定看護師の仕事内容は、一般的に医者の診療を助けることから、入院患者の日々のお世話までとても幅広い仕事内容で勤務時間が長く、夜の勤務も多かったりという厳しい仕事です。

体力勝負のきびしい仕事であるのに、それに釣り合ったお給料がもらえない事も悩みの大きな原因の一つでしょう。一般的に、特定看護師の中には煙草を嗜む人が減っているように思います。

実際のところ、やはり国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。
医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草の臭いを漂わせまいと意識している特定看護師が多いと想像できますね。主な特定看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、それぞれの特定看護師に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、一般企業においては課長の役職相応でしょう。普通に課長職といっても、その年収が中小企業と大企業では全く違うのと同様に、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。

稼ぎの良い公立病院に勤めるケースではおおよそ750万円前後だと想定されます。退職金の金額を心配している特定看護師もたくさんいる可能性もあります。国立や県立の病院だと、たくさんもらえます。次に、退職金が多く支払われるのは、大学病院です。
小規模な病院の場合、退職手当は少ししか出ません。
やはり、夜間の勤務が多くなる職種なので、全ての人にとって良い仕事場ではないですが、大規模な病院の方が待遇が良いです。
よく特定看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。
具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、途中で休憩を挟みはしますが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。
長時間勤務がザラだということも特定看護師として勤務することが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。職場に勤めている特定看護師は、数万人いますが、それと比べて、特定看護師という資格を所持していながらも、就職していない人が五十万人以上いると考えられています。

日本で4万人の保健師が不足しているとされているため、それだけいる50万人の中の数%の人でも就職できるようになれば、この問題は、多少なりとも解決できると思います。少し前までは、特定看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、昨今は男性が特定看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。
日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性特定看護師の存在は有難がられることも多いです。

年収については、女性の場合と一緒ですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。特定看護師の業務に従事しながら経済的な余裕を望むなら、サイドジョブがあります。

休みの日を利用して他の仕事で収入を得る特定看護師は毎年増えてきています。Wワークの長所は、仕事がない時間を有効に活用することが出来て、別の仕事をすることで気分転換にもなる事です。キャリアアップを目指して転職を考える特定看護師も少なくありません。

特定看護師としての技量を高めておくことで、収入アップを目指すこともできます。
その職場によっても特定看護師の業務内容は異なっているため、自分がぴったりだと感じるところを見つけられるといいですね。

内科の外来が適しているという人もいれば、特養が合うという人も存在するので、進んで転職するのも良いかもしれません。
大変な激務と世間一般に認識されている特定看護師というお仕事の、その中身を少し見てみます。

中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。

それから、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話もすべて特定看護師の仕事となっております。予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に保健師コールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、時間が経つのを忘れてしまうほど次々と仕事が飛び込んできたりもします。今の時代は人手が足りないこと、高齢者が増えたことによる病院に来る人が増加した影響で、昔と比較して、特定看護師1人当たりの負担が重くなっています。
負担を減らすために、人手不足の病院にそこまで忙しくない他の病院の保健師を回して、負担を解消したり、患者への対処が遅れないように心掛けています。
特定看護師の転職をかなえるためには、未来のことを考えて早めに行動することが肝要です。

また、何に重きを置いて考えるのかを決めておくべきでしょう。この先どうなりたいかを明らかにして、その計画に合った転職先の情報を少しずつ収集してください。収入、職場の環境、勤務形態など、自分にとって外せない条件も考慮しましょう。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks